dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

活版印刷のショップカード
思えば化粧品メーカーでグラフィックの仕事をしていた15年前。
PC上でイラストレーターやフォトショップを使ってデザインする
DTPの時代が少しずつ押し寄せていました。

私たちの時代はラフスケッチを描き、
電算写植によって文字を組み、版下を作ってフィルムから製版する。
そんなアナログな時代でした。

そして、それより以前には活版印刷という手法も一般的でした。
ハンコのような文字を印刷機械に設置し、1枚1枚印刷する。
今ではとても貴重で贅沢な印刷手法ですが
独特の書体や印刷の風合い、そこから生まれる手作り感は
現在の大量生産する印刷手法からは出せない味のあるものになります。

8年来、弊社のグラフィックを担当していただいている
植杉翠さんと共に考えた文章を活版で印刷したショップカードが出来上がりました・・・

f0068145_147743.jpg








































isao ikeda

by dogdeco | 2009-02-02 14:07 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(6)
Commented by 市原 at 2009-02-02 20:40 x
ショップカード、いろいろな言葉が印字されていたんですね。
本の世界でも一部活版が残っているところがありますが、
粋なショップに活版がこういう形でマッチするのだなあと感心しています。
活版の印刷物を興味深く触ったり横からのぞいたりに匂いをかいだりしている夫婦です。
Commented by dogdeco at 2009-02-02 21:02
市原さん、こんばんは。
活版印刷は小ロットに強い!
そんなことも初めて知りました。
活版印刷のおかげで古くて新しい何とも言えない良い雰囲気になったと思います。
Commented by nekono_sippo at 2009-02-03 14:25
全部集めたくなるショップカードですね♪♪
グラフィックのお仕事されてたんですね。素敵なセンスをお持ちだと思っていたので、納得です^^!
私はまるっきりデジタルからで、印刷関係ではアナログに触れる機会がなかったです。。
今となっては、もっと自分で踏み込んでおいたらよかったなぁとちょっぴり後悔><。
Commented by dogdeco at 2009-02-03 15:28
nekono_sippoさん、こんにちは。
素敵なセンス・・・
それがあったらグラフィックの世界で活躍してるはずですよ!(笑)
最近では才能ある人たちといっしょに仕事をする楽しさを感じます。
Commented by amerima at 2009-06-14 05:20 x
はじめまして。
活版印刷のことを色々調べていたらこちらのブログにたどりつきました。今友人に結婚式の招待状をお願いされているのですが、
版下は完全メール入稿で業者に製版してもらい、活版印刷を考えています。もしよろしければ、ショップカード作られた際の業者さんをご紹介いただけませんでしょうか。80部くらいなら、もしかしてオフセットよりやすくて、かついいかんじになるんじゃないか?!というもくろみです。
はじめておじゃましたのにあつかましくてすみませんです。
Commented by dogdeco at 2009-06-14 07:25
amerima さん、はじめまして。
ご存じだと思いますが活版印刷は活字を利用して印刷しますので版下というものが存在しない分、文字だけの印刷物であれば安くなる可能性はあると思います。
もし、ロゴマークなど活字では印刷できないものであれば
樹脂版を作らなければならないので少量ですとかえって高くなると思います。
活版印刷はその工場自体が持っている活字のこともありますので
確認事項やできることなどを直接現場で確認しながら
進めていく必要があります。
なのでご紹介させていただくよりも検索サイトで調べられたイメージの近いところにご相談されるのが一番いいと思います。





<< GEORGEのティッキングマットレス かくれんぼ >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30