dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

明日に向かって。
f0068145_21441132.jpg
明日、2月1日(月)は誠に勝手ながら
dogdeco HOME 犬と暮らす家をお休みさせていただき、
設備の整った病院でビーグル犬、月の検査をしてもらいます。

今後は西洋医学の外科的処置と東洋医学の鍼灸や理学療法など
専門家の意見を取り入れながら回復に向けて取り組んでいきたいと思います。
月が事故になり、体を不自由にしていることはとても残念なことではありますが
同じように事故にあった場合、それだけではなく椎間板ヘルニアや怪我などによる神経系の問題に
どう向き合い、取り組んでいくかということにつきましては私自身がひとつの方法論を理解し、
皆様にお伝えしていく使命があるのだという気持ちで取り組んでいきたいと思います。

元気に走り回っていた月が元の体に戻れるよう
皆様と愛犬との暮らしの参考になる結果が得られるようがんばります。
私たち、そして愛犬とともに暮らす皆様の明日に向かって。


dogdeco HOME 犬と暮らす家    isao ikeda
by dogdeco | 2010-01-31 21:49 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(2)
Commented by ブランポアンママ at 2010-02-01 10:14 x
こんにちは…ブログを拝見して、びっくりしました。
月ちゃん自身も大変だったと思いますが、ご家族もどれぼどのお気持ちでおられたかと思うと・・・胸が痛くなりました。
それでも命が助かって、本当によかったです。
この強運をもって、回復に賭けられることをお祈りしています。
うちのフレンチブルドッグのブランシェは昨年の4月に神経疾患を患い、以前お店にお邪魔したころは、右半身の麻痺がひどく、まっすぐ歩けなかったのを覚えていらっしゃいますか?
そのころ高い確率で後遺症が残るともいわれていたのですが・・・今でも右耳は動きませんが、かなりもとどおりに元気になりました。
その回復は、本当にゆっくりでしたが、(神経系ってそうらしいです)
治療はもう特にしていないのですけど、今でも少しずつ毎日良くなっています。
月ちゃんの回復、どうかあせらずに…こころより応援しています!!
Commented by dogdeco at 2010-02-01 20:18
ブランポアンママさん、こんばんは。
そうでしたね。ブランシェちゃんも神経疾患からの麻痺でしたね。
心強いアドバイスをありがとうございます。
時間をかけてゆっくりと取り組んでいきますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。
<< こんな日に雪が降るのですから。 上を向いて歩こう! >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30