dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

月のこれから。
私は高校時代にラグビーを3年、大学時代にアメリカンフットボールを4年、
社会人になってクラブチームでラグビーを3年やっていました。
合計10年も血の気の多いスポーツをやっていたことになります。
気付けば鼻の骨折、首のねんざ、肋骨の骨折、右肩靭帯損傷、右足首靭帯損傷などなどたくさんの怪我をしました。
その都度、病院に行ってレントゲン撮影をしたり、MRIを撮ったこともあります。

いろいろ経験して思うのは西洋医学の物理的治療と東洋医学や理学療法などを組み合わせることによって
怪我の治療に効果を発揮する場合があるということです。

ビーグル犬、月の交通事故からご心配いただいた皆様に本当にたくさんの情報をいただきました。
そのほとんどが東洋医学の治療に関する情報です。
私もいろいろと参考にさせていただき順序立てて考えることにしました。

その結果、まずは鍼やオゾン療法などの治療を実施され、ペットのホメオパシーに関しては
日本での第一人者である東京都小平市のアカシア動物病院の清水先生に
月を診察していただくことにしました。

来週から月との新たなチャレンジが始まります。
この経験を皆様にもお伝えしながら、一つの参考例になればと思っています。
f0068145_11474244.jpg

dogdeco HOME 犬と暮らす家    isao ikeda
by dogdeco | 2010-02-14 11:49 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< アバター。 愛情をこめて。 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30