dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

60の手習いから。
我が家の南側のお隣さんは古い洋館のようなモダンなお住まいで暮らしていらっしゃいます。
敷地内に大きなメタセコイアがあったり、庭と住宅のバランスが素晴らしく、
なんて感性のある方なんだろうとずっと思っていました。
そのお隣さんとはいつもシンプルで上品なお洋服を召していらっしゃるオバアチャマなのですが
普段は挨拶を交わす程度であまり日常会話をするような関係ではありません。

3日ほど前にポストに葉書が入っていました。
お名前を見るとお隣さんでした。そして、内容を見て少し感動したのです。
「ステンドグラス、サンドプラストのデザインと製作を62歳から始め、この30年間楽しんできました。
今回、手塩にかけた作品30点ほどをお見せできることになりましたのでご案内させていただきます。」

「と言うことはお隣さんは92歳ってことか?」と私が嫁に言えば
嫁も「うわーっ、全然見えへんねぇ。」
私たちが到達していない年齢から物事を始め、さらに30年間それを継続していらっしゃる。

「おいっ、これは見に行かなあかんなぁ。」そう嫁に話しながら
人生という長い道のりをもう一度じっくり考えなおしてみるのもいいかもしれないと思った。
f0068145_9244585.jpg
kunikoのガラス展
梶尾眼科サンデーギャラリー 東京都小金井市前原町3-35-18 梶尾眼科3階
開催日:4月4日、11日、18日、25日

dogdeco HOME 犬と暮らす家    isao ikeda
by dogdeco | 2010-03-31 09:32 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 茶系なら迷わずコレ! 最後の仕事。 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31