dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

段ボール箱。
私と嫁は深夜、トイレシートを変えながら、ハナが呼吸していないことに気付き、
「ハナー!ハナー!」と叫びましたが、もうその声がハナに届くことはありませんでした。

今日、8月30日はラブラドールのハナの命日。
家族でハナが眠る府中の慈恵院さんにお参りに行ってきました。
昨年、私たちが経験したように亡くなった愛犬を箱に入れて抱きかかえるご家族を見て、
私も昨年の記憶がよみがるのです・・・

深夜、ハナが旅立ち、私はそれから段ボール箱でお棺を作り始めました。
30kgの体重を支えられるようにするため、何重にも何重にも段ボール箱を重ねて作りました。
綺麗な代物ではないけど、最期の最期は何故かそれを作らなければならない使命感が生まれ、
結局、朝方までかかりましたが、嫁といっしょに硬直したハナを抱きかかえ、その中に入れました。
そして、そっとタオルをかけてあげました。

朝、その段ボールを見て、子供たちは泣きじゃくりました。
次女の青は相当ショッキングな出来事だったようで段ボール箱に入ったハナの前から動かず、
ずっとハナと最期のお話をしていました。
f0068145_11581553.jpg
今日も最後までお墓の前で手を合わせ、拝んでいたのは次女の青。
お盆のお墓参りでご先祖さんに「月の足が治りますように・・・」ってお願いしていたのと同じように
ラブラドールのハナにもそんなお願いをしていたんだと思います。


dogdeco HOME 犬と暮らす家    isao ikeda
by dogdeco | 2010-08-30 12:30 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(4)
Commented by tacobell at 2010-08-30 14:30 x
命って なんで終わりがあるんだろう 
子どもの頃 死 別れへの恐怖で よくそう考えていました

終わりがあるから 精一杯生きる 今を楽しむ
そして今思うのは 終わりはないということ

ハナちゃんは ずっとずっと みなさんの心の中にいますものね
青ちゃんの思い みなさんの思い ハナちゃん 喜んでますね...

私たち家族もとてもお世話になった叔母のお墓参りに行ってきました 叔母が笑ってくれた気がしました

同じように命を大切にできる家族がいて良かったと思いますね
Commented by dogdeco at 2010-08-30 15:30
tacobellさん、こんにちは。
いつもハナの昼寝中に鼻の穴をふせぐイタズラをしていた私。
私の指先とピタッと合う、あの鼻の穴をまたふせぎたいと思いますが
今となっては遠い想い出です・・・

犬は10年しか生きられないからこそ、
本能のまま、まっすぐに生き、もっと長く生きられる生き物は
そこからたくさんのことを学びます。

しかし、家族っていいですね。
今日はハナと家族と乾杯です!
Commented by Sleeping Beauty at 2010-08-30 15:35 x
ハナちゃん、天国で喜んでいますね。

素晴らしい使命感だったと思います。
心に染みました。
Commented by dogdeco at 2010-08-31 07:31
Sleeping Beautyさん、こんにちは。
私は一頭の犬を飼い始め、最期を看取れて安堵の気持ちを抱きました。お客様にも同じ気持ちを抱いていただけるようサポートできればと思います。
<< 写真掲載しました。 アタシ、大人になりました。 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31