dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

愛犬家のみなさま、ぜひご署名を!①
テレビ東京系列『ペット大集合!ポチたま』でまさお君やだいすけ君と
日本を旅する松本秀樹さん(浅井企画さんの所属タレント)のことは
愛犬家のみなさまならよくご存知のことかと思います。

松本さんは【ナチュラル・ドッグ・スタイル】という
犬と人とのより良い共生社会のためのクラブをを主催され、
その【ナチュラル・ドッグ・スタイル】さんがこの度、環境庁宛に提出する
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』を始めました。

※以下、【ナチュラル・ドッグ・スタイル】さんのホームページより転載しております。
 ご賛同いただける方はホームページをご覧いただき、ご署名をお願いいたします。
※実際に阪神大震災の時は署名により実現したとのことです。

■署名活動にあたって
現在、各地で多発している大地震。被災するのは人間だけではありません。
愛するペットと、そのご家族が、少しでも安心して避難生活を送れるよう、
少しでも力になれればと思います。
【ナチュラル・ドッグ・スタイル】では、環境省宛に、
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』の活動をおこなって参ります。
ご協力いただければ幸いです。

(以下の文章は、署名用紙にも記載してあります)
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

環境大臣 殿
【 趣 旨 】
私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、
精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での共同生活を
確保することを要望します。

1.避難所について
 愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
 もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを
 要望します。
2.仮設住宅について
 愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを
 要望します。
3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
 災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。
4.災害時の愛玩動物の健康維持について
 A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
 B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、
 必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて
 掲載し、預かりを公示することを要望します。


愛犬家としてできることを・・・
みなさまもぜひご協力くださいませ。


dogdeco HOME 犬と暮らす家    isao ikeda
by dogdeco | 2011-03-21 16:31 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(2)
Commented by hhh0330 at 2011-03-21 17:07
災害にあったペットたちのために具体的に何か出来ることを教えていただけてよかったです。
さっそくプリントアウトしました。
お散歩のときにも持ち歩けば賛同してくださる方の署名をいただけるかもしれませんね!
ひとりひとりの力が大きな力になってゆくことを願っています。
Commented by dogdeco at 2011-03-21 19:55
hhh0330 さん、こんばんは。
日本では犬を飼っている世帯比率が約25%。
犬だけであればそうなのですがあとは猫の世帯比率が約10%、
その他の小動物を加えるとあと数%は上がってしまいます。
ですが、この案が通れば、避難生活をされている
ほぼすべての世帯が避難所でペットと暮らせることになると
思っています。
私たちでも出来ることから少しずつ・・・頑張りましょう!
<< 愛犬家のみなさま、ぜひご署名を!② ちいさなしあわせ ⑦ >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30