dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

動物取扱業の適正化についてのパブリックコメント。
私たちがこの仕事を始めるきっかけとなったのは
サンフランシスコのペットブランドであるGEORGEさんの発想に共感したからでした。

GEORGEさんのコンセプトのひとつに
「地球上の生き物はみんな仲間だ。」という言葉があって、それを目にした時、鳥肌がたちました。
日本も欧米のようにブリーダーからペットを譲り受ける仕組みにならないものかと。
生き物の命に対して真摯な国民性にならないものかと。

それから、10年以上もの間、GEORGEさんも私たちも何一つ感覚がブレずにいます。
ペットのモノを買うためのペットショップという存在が生体販売の利益で成立させるのではなく、
販売するモノの品質向上を考え、私たちのようなショップがもっともっと増えて、
そこに競争が生まれ、さらに質の高いモノを開発し、存続させていくこと。

裏を返して恰好よく言えば、私たちのようなショップが市場で成立していかなければ
ペットショップでの生体販売はいつまでたっても変わらずにいることになると
ある種の責任を感じながら仕事をしているのも事実です・・・


さて、平成23年7月28日、環境省より
【動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について】
という報道発表がありました。

簡単に言えば、5年に1度、法改正の見直しを実施していく法律で
今回はペットの生体販売において、誰が見てもおかしな営業について
法で規制をかける必要があるのではないかと広く国民に意見を求めるものです。

締め切りは8月27日(土)。
あまり時間がありませんが、殺処分という形で年間20万を超える犬や猫の命が奪われている
今の日本の現実を知り、少しでも状況が改善されていくように、ぜひご協力いただければと思います。

■環境省の報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

■わかりやすく説明されていらっしゃるOne Action for Animalsさんのホームページ
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment

■こちらもわかりやすく説明されていらっしゃる糸井さんのほぼ日ホームページ。
http://www.1101.com/george/2011-08-19.html

■公益財団法人どうぶつ基金さんによる「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム」
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-entry-296.html

※パブリックコメントですので本来は自分自身の意見や要望、改善策などを
文章でまとめて伝えるべきかと思いますが、どうすればよいか意見がまとまらない場合は
数のパワーも必要かと思いますので公益財団法人どうぶつ基金さんによる
「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム」をご活用されればよいかと思います。

dogdeco web site
dogdeco online shop
dogdeco facebook page
facebook
twitter

written by isao ikeda
by dogdeco | 2011-08-19 08:57 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 改めて、イベントもろもろ。 犯人はだれだ! vol.43 ... >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30