dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

昔話 畑のおっさんの話 その②
その①からの続きです。

そんな悪事が繰り返されると、大人は傾向と対策を繰り返す訳で、
いつしか、ピカピカな有刺鉄線が付けくわえられて、さらに柵を越えていくことが難しくなってきました。
それでも、私たちは果敢にザリガニ捕りに挑んでは
いつもと同じように、畑のおっさんに、「コラ-ッ!」と叫ばれ、逃げていたのです。

そして、ある日。
この日もC君とD君が「畑のおっさんが来たぞっ!逃げろー!」と叫び、
みんなで有刺鉄線の柵を越えている時、私のジャンパーのポケットが
有刺鉄線に引っかかってしまったのでした。

「うわっ!引っかかってしもうたっ!みんな待って!取れへん!」と
友達に助けを求めながら、後ろを振り返ると、「コラーッ!」と言いながら、畑のおっさんが
ものすごい勢いでこちらに近づいてきます。
友達も、「早く、取れ!早く!早く!」と言いながら、応援してくれるのですが
こんなときは焦れば焦るほど変な方向へと行くもので、
右のポケットが取れたかと思うと、今度は左のポケットが引っかかり、
「アカン!みんな逃げてっ!」と私だけ捕まることを覚悟しました。

「お前ら、待てー!」と言う畑のおっさんの声は
もうきっと10メートルほどの距離だったでしょうか?
私は恐怖のあまり、涙が出てきて、声を震わせながら、「ごめんなさい!」と叫びます。

足音が近づき、アカン!もうアカン!と思ったところで
ついに、畑のおっさんの手が私の肩にかかりました。

もはや、私は有刺鉄線の柵にしがみつきながら泣き崩れ、「ごめんなさい。」としか言えない状況で
きっと殴られるだろうと覚悟をした矢先、畑のおっさんは、何も言わずに
私のポケットに引っかかった有刺鉄線を外してくれるではありませんか。
しかも、「大丈夫か?怪我は無いか?お前らがいつもこんな危ないところを飛び越えて
畑の中に入って来るから、危ないなぁといつも思ってたんや。だから新しい有刺鉄線も付けたんや。
畑の中に入って何してんねん?ザリガニ捕りか?ほんなら、こんなとこ、飛び越えて入らんと、
堂々とあっちの正面から入ったらええやないか。もうこんなところ飛び越えんなよ。怪我するぞ。」

私は大泣きし過ぎて、ダラッと出てる鼻水をすすりながら、
今までこんな大きな声でしゃべったことないくらいの勢いで、
「はいっ!もうしません!」って返事をした後、みんなの元にたどり着きました。

みんなの顔を見ると、さらに安心して、再び大粒の涙が・・・
みんなが、「いさお君、大丈夫か?畑のおっさんにどつかれたんか?」と言うので、
「ちゃうねん。あのな、畑のおっさんがな、ザリガニ捕りする時はあっちから入って行けって。」
「えっ何て?泣きながら喋ってるから何言うてるかわからへん。」
「だからな、畑のおっちゃんがな、ザリガニ捕りする時はあっちから入って行けって。」
「アカン、ほんまに何言うてるかわからんわ。」

そして、私が泣きやんで落ち着いてから、
みんなで畑のおっちゃんのところにお詫びをしに行きました。
いろいろと説教をされたけど、私たちはその時を境に
畑のおっさんから畑のおっちゃんに呼び方を変えました。

おわり

f0068145_15174240.jpg
野川の風景。

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2011-12-15 15:25 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(2)
Commented by Kana* at 2011-12-16 13:45 x
とてもいいお話ですね。
だけどいさお少年は本当に怖かったでしょうねー。

我が家の小1の長男も近所の公園に行っては秘密基地づくりにいそしんでいます。
私は同行しませんので、どんなふうに遊んでいるのか分かりませんが、同じように近くの畑や犬の散歩などで大人の方がいらっしゃるようで「ケガせんごとあそばんばよー」(長崎です^^)と声をかけて下さるそうです。
そういう『親以外の目』、とても大切ですよね。
Commented by dogdeco at 2011-12-16 17:50
Kana*さん、こんにちは。
今も長崎は人の見える街なんですね。
東京は全国からいろんな人が集まる街なので
ある意味、他人に無関心で楽といえば楽なんですが
自分の娘たちが大人になったときにはもっと無関心になって
どうなるんだろうという不安を抱きます。

怖い近所のおっさんがいるから
だめなことができなかったり、
近所の目があるから
がんばろうと思ったり、
街ぐるみで子供を育てていくみたいな
私たちが育った時代のようになればなぁ
なんて思いました。
<< dogdeco HOME 犬と... 昔話 畑のおっさんの話 その① >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30