dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

【き・まま】。
き・ままは気まま。
き・ままは木 間々。
き・ままのままはママであり、
「はけ」の古い呼び名の“まま”でもある・・・

私達が暮らす国分寺崖線、通称はけと呼ばれるエリアのお店や人や場所をご紹介する
コミュニティマガジン 【き・まま】が先日、創刊されました。

そして、うれしいことに創刊号は、はけのおいしい朝市特集。
私も嫁も朝市メンバーたちも大きくクローズアップしていただいて
何だかお恥ずかしいのですが、編集内容・写真・文章ともにすばらしく、
はけのおいしい朝市といっしょにこのエリアを盛り上げていけたらなぁと思っています。

【き・まま】は武蔵小金井駅南側のかごや書店さんをはじめ、
dogdeco HOME 犬と暮らす家でもご購入いただけます。
f0068145_11181967.jpg
【き・まま】編集部より・・・
古の多摩川が武蔵野台地に残した爪痕、高低差のある独特の地形を、
人々は『崖線』あるいは「はけ」と名づけて慈しんできました。
豊かな緑と湧き水にめぐまれた「はけ」は、いまでも昔の武蔵野の面影を色濃く残しています。

そうした「はけ」を中心とした場所――小金井、国分寺、府中あたりには、
これといった派手なスポットはないけれど、ゆったりした時間が流れています。
都心からわずか30分の距離なのに、四季の変化や風の音、
空気の色までも鮮やかに感じとることができます。
武蔵野の自然と都会の利便性が、絶妙のバランスで成り立っている土地なのです。

そうした「はけ」界隈の魅力を伝え、そこに住む人々の絆をつなぐ存在でありたい。
そう願って、私たちはこの雑誌を作りました。スタッフ4人は全員がママ。
子育てしながら、この小さな雑誌も育てていきます。
この地で暮らせる幸運に日々感謝し、この地に深く根づくことを祈りながら。
※リュエル・スタジオ ホームページより引用。

「き・まま」創刊号
巻頭特集
「はけのおいしい朝市と野川散策」
第2特集
「ぶらり、江戸東京たてもの園」

B5変形 40ページ オールカラー 500円(税込)


dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2012-11-12 11:30 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< SUN GODDESSさんのク... はらっぱ祭り。 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30