dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

我が家のお米の物語 第1話 “あの嫁が”。
おいしいお米を食べたい!って誰でも思いますよね。そう、わたしたちは日本人ですからね。
ところが私のようにお酒を毎日呑んでいるとそこを引き算しなきゃいけないって意識もあり、
炭水化物に対する思いというのは歳と共に少し薄れてきたりもするんですけど
うちの嫁はお酒もそんなに呑まないし、お米を食べなきゃ食事じゃない!ぐらいのお米LOVE派で
聞けば、幼いころ実家でガス釜を使って炊いたご飯の塩むすびが最高で
今でもお母さんが握る塩むすびを食べたいと言いますから
お米に対する執着心のポテンシャルは昔も今も私なんかより随分高いんですよね。
と言いましても文明の利器と言いますか、とっても便利と言いますか、
我が家では十数年、電気炊飯ジャーで炊いたご飯を食べていました。
それが普通だと思いますし、十分においしいですもんね。

ゆかい社中そらぐみ+司製樽さんのおひつや桶を初めて見たのは3年ぐらい前かなぁ。
手仕事で作り上げられる美しさはもちろんのこと、何かあった時には修理をしてもらえるという
一生向き合えて長く愛せる道具。とっても素敵で欲しい!と思ったのですが、
電気炊飯ジャーに慣れ親しんできた我が家。まだまだ使えるし、
おひつが暮らしの中に今すぐに取り入れるものなのかという基準で先送りしたように思います。
そして半年ほど前、ついに長年使った電気炊飯ジャーの調子がおかしくなり、
買い換えるか・・・と思った矢先、アトリエテンポメンバーの靴屋のコッペが
ゆかい社中そらぐみ+司製樽さんのイベントをやりたい!との話。
そこでまさか、うちの嫁が「おひつが欲しい!絶対買う!」と反応するとは予想もしていなかったことです。
あのうちの嫁がですよ!楽をすることがモットーのうちの嫁がですよ!
毎日、毎日、鍋で米を炊き、おひつを使うと言うではないですか・・・。マジ!ホンマに大丈夫なん?  
(つづく)
f0068145_2294396.jpg
長年、お世話になった我が家の炊飯ジャー。


■10月8日(木)から13日(火) 祝!新米 お米のおいしい炊き方 おいしい食べ方を開催します。
■10月17日(土)・18日(日)&PETS Marche in ISETAN vol.2を開催します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■dogdecoのfacebookページ www.facebook.com/dogdecoHOME
■dogdecoのホームページ www.dogdeco.co.jp
■dogdecoのオンラインショップ www.dogdeco.jp

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2015-10-06 22:12 | Comments(0)
<< 我が家のお米の物語 第2話 “... お米のおいしい炊き方 おいしい... >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31