dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

&PETS PROJECT in ISETAN。
f0068145_1247950.jpg
【&PETS PROJECT in ISETAN】
5月9日(月) ~24日(火)
伊勢丹新宿店本館5階=ドッグデコ

伊勢丹新宿店では5月9日(月)より、「人と自然のここちよい関係を知る。」をコンセプトに
全館的なイベントプロモーション「ISETAN GROBAL GREEN」が開催されます。
特に今回は「ネコと暮らすように考える~CATS GIVE THE IMAGIANTION TO US~」など
猫に関するさまざまなテーマがあり、伊勢丹新宿店の各フロアで企画展が開催されます。

また、dogdeco伊勢丹新宿店では期間中、ペットの殺処分ゼロをめざす一般社団法人&PETSの皆様と
イベントを開催します。一般社団法人&PETSの「オフィシャルグッズ販売」 をはじめ、
私も授業参加させていただいた文化服装学院の学生がデザイン・制作したお散歩バッグの展示や
昨年、文化服装学院の学生が考えたアイデアをバッグ作家のripaがリデザインした
15色の生地の中からカラーオーダーできる「限定販売のお散歩バッグ」。
これ以上、迷子犬・迷子猫を増やさないための「idタグ展」。
また、現在、世田谷文化生活情報センター 生活工房で開催されている
いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げていいのかな展」と連動し、
防災用多機能リュックの販売や防災グッズをご提案いたします。



■「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げていいのかな展」
f0068145_1301287.jpg
絵:七字由布

会期: 2016年04月23日(土)~2016年05月22日(日)
時間: 9:00~20:00
会場: 生活工房ギャラリー(3F) 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー

「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを、守ることができますか?
《同行避難》、という言葉があります。
非常時に際し、飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、
行政としては同行避難を推奨しています。
しかしそこには、ペットと飼い主にとって多くの問題が横たわっています。
「もしも」を考えると浮かぶ、さまざまな疑問。
「キャリーに入ってくれるかな?」「持っていかなければならないものは?」
「避難所では、別々に過ごすの?」「ペットのための備蓄やケージはあるの?」
「動物を嫌がる人もいるよね?」
――そもそも、本当に、「いっしょに逃げてもいいのかな?」

本展は、「もしも」の時にペットを守るため、
そしてペットと飼い主とまわりの人々との間でどんな問題が起こるのかリアルに想定し、
ふだんからどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的に開催します。
災害時のシミュレーションをイラストで展開し、その時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。
あわせて、クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズの提案や、
自治体・地域の取り組みなども紹介します。
関連イベントとして、専門家とクリエイターによるトークイベントや、
迷子ペットポスター制作ワークショップも開催。

いっしょに、生きていく。 いっしょに、生き抜こう。
ペットと暮らしている人も、暮らしていない人も、いっしょに考える展覧会です。
※世田谷文化生活情報センター 生活工房さんのホームページより引用。


■dogdecoのfacebookページ www.facebook.com/dogdecoHOME
■dogdecoのホームページ www.dogdeco.co.jp
■dogdecoのオンラインショップ www.dogdeco.jp

有限会社ドッグ・デコ isao ikeda
by dogdeco | 2016-05-06 13:22 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 災害用リュック型ペットキャリー... dogdecoのゴールデンウイーク。 >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30