dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

ペットは子供の一番の親友。
f0068145_11364067.jpg
私の前職の化粧品会社では、高齢者施設に出向き、化粧をする。という活動を行っていました。
最初は遠慮していたおばあちゃんたちも、普段と違っていく自分の姿に、
表情はキラキラ、心も舞い上がり、「もっと綺麗にして!」「次はいつ来てくれるの?」という変化が。
化粧品や美容サービスのチカラって。いつまでも綺麗でいたいと思う女性のココロって。・・・
もう前職を辞めて17年になりますが、今思い返しても幸せな気分に浸れるお話です。

そして、ここからは今の仕事に関すること。ペットと子供の関係性のお話。
(朝日新聞 DIGITAL 2017年1月24日の記事より抜粋)

「ペットは子供の一番の親友であることが最新の研究で明らかに。」
ケンブリッジ大学の研究によると、子供は兄弟・姉妹よりも、
ペットとの関係から心の満足感を得ている。とのこと。
子供はまた、兄弟・姉妹よりも動物の友達との方がうまく付き合えるようで、
家で飼うペットが子供の発達に大きく影響し、子供の社会的能力と精神的安定に
良い影響を与えることが明らかになりつつあるようです。

欧米の家庭でペットが一緒に暮らしていることは、兄弟・姉妹がいることと同じぐらい一般的ですが、
ペットと子供の関係の重要性に関する研究はほとんどありません。
マット・カッセルス研究主任はこう言います。「子供時代にペットを可愛がった人であれば、
人と人との関係と同じように、ペットは一緒に過ごしてくれ、打ち明け話をする相手であることが
分かっています。このペットとの関係が他の家族との緊密な絆と比較して、
いかに強いかを解明したいのです。最終的には、健康的な子供の発達に
動物がどのように役立つかが分かるでしょう。」と。

「応用発達心理学ジャーナル」で発表されたこの研究は、
ケンブリッジ大学家族研究センターのクレア・ヒューズ博士率いる大規模研究の一環として、
マース ペットケアのウォルサム(R)研究所ペット栄養学センターと経済社会研究評議会が
共同で行いました。研究者たちは、種類に関わらず1頭以上のペットと
2人以上の子供が家にいる77家族の12歳の子供を調査しました。
子供たちは兄弟・姉妹よりもペットと強い関係があり、
特に犬を飼っていると他の種類のペットの場合よりも衝突の度合いが低く、
より大きな心の満足感を得ていることが報告されています。

イギリスのことわざ、「子供が生まれたら犬を飼いなさい。」

子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の頃、
子供の良き守り手となるでしよう。
子供が幼少期の頃、
子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の頃、
子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった頃、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。


化粧品と女性。
ペットと子供。ペットと家族。
生き生きと心豊かに暮らしていくために、必要なもの。必要なこと。
これまで私が経験してきたことをもっともっとカタチにしていきたいと思います。


■dogdecoのfacebookページ www.facebook.com/dogdecoHOME
■dogdecoのホームページ www.dogdeco.co.jp
■dogdecoのオンラインショップ www.dogdeco.jp

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2017-02-10 11:54 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 5坪の店から。 猫々しいモノ展 vol.4。 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31