dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

暮らしのSTORE展 商品紹介① 野生鹿シリーズ。
6月15日(木)より、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催される
「暮らしのSTORE展 2017」でご提案する商品を少しご紹介させていただきます。
まずはここのところ、我が家のビーグル犬、月も愛してやまない
高タンパク、低脂肪の愛犬のおやつ、「野生鹿シリーズ」。

昨今、鹿が本来住んでいる山から里に出て、
農林業に大きな被害をもたらしていることをご存知でしょうか?
鹿が増え続けているのは繁殖力が強いことや、天敵である狼がいなくなったこと、
人が里山の草木を利用しなくなったことなどが原因と考えられています。
また、鹿の増加による影響は農林業だけでなく、植物を食べつくすため、
動物へも影響を及ぼすことが明らかになっていますし、
それだけではなく、植物がなくなると、雨がふったときに表土が流れ、
大規模になると土砂崩れが起き、防災上の問題にもつながります。
現実に奥多摩では大きな土砂崩れがあり、東海から近畿にかけての太平洋側では
かなりの場所で土砂崩れが起きるようになったとのこと。

被害対策として、全国各地で鹿の狩猟と捕獲によってその有効活用を進めていますが、
残念ながら、鹿の増加に歯止めがかかっていないのが現状です。
鹿肉をペットの食事として利用する取り組みも自然環境保全対策の切り札として
少しずつ広まりつつありますし、何より、鹿肉は高タンパク、低脂肪で
犬の食事としても非常に優れています。
また、青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)、アラキドン酸、異性化リノール酸、
不飽和脂肪酸が、動物性のタンパク源からとしては唯一得られます。

それらを新風乾製法で乾燥させたのが、今回おすすめする「野生鹿シリーズ」。
鹿肉は、48度未満の低温で乾燥するため、必須脂肪酸であるα-リノレン酸や高品質なタンパク質、
その他有用ミネラル等が壊れずに残っています。
α-リノレン酸は一般的に血栓症や心筋梗塞などを抑えると言われている酵素です。 
また、ジャーキーなどは水分が11%以下と低く、柔らかくて、風味が強いのも特徴。

今回はジャーキー、トライプ、ふりかけなどの他、
新商品の「肩甲骨」、「足骨」を名古屋の皆様にご提案いたします。
骨に身を少し残して作られているので、嗜好性抜群。
我が家のビーグル犬、月もペロペロ、ガリガリを繰り返しつつ、歯と顎の健康を維持しています。
皆様の愛犬にもぜひ!

◎野生鹿シリーズ 肩甲骨


◎野生鹿シリーズ 足骨



■dogdecoのfacebookページ www.facebook.com/dogdecoHOME
■dogdecoのホームページ www.dogdeco.co.jp
■dogdecoのオンラインショップ www.dogdeco.jp

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2017-06-10 12:50 | Comments(0)
<< 暮らしのSTORE展 商品紹介... 暮らしのSTORE展 2017。 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31