dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

犬と暮らす我が子へ
一時、ドッグセラピーについて学んでいた時期があった。
高齢者の保養施設に訓練された犬を連れて行き、
おじいちゃんやおばあちゃんの心をケアするというものだ。

日本でのドッグセラピーの歴史は浅く、
確かな実証データはこれからということになると思いますが
例えば老人が「こちらにおいで。」「それはだめよ。」から始まって
「そこでオシッコしちゃだめよ。」と言う犬に対する指示に
自分もそうしなきゃいけないという意識が生まれ
夜尿症が改善されるというような事実がありました。

また普段は施設の中で閉鎖的になり
会話をしないおばあちゃんたちに会話が生まれ
次はいつ来てくれるのかと心待ちにされるお話もありました。

あまり良くないニュースが多い最近の社会において
私自身も我が子に教えてあげられることは何だろうと考えましたが
違う生き物とひとつ屋根の下に暮らすことの意味や
何気ない暮らしの中で感じる自然と生き物の大切さを
伝えていくことぐらいしかないかなと思います。
f0068145_94889.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-10-21 09:05 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 天窓 続 「犬と暮らす家。」展 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30