dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

空が見える場所
夕方から雨が降り始めました。
雨が降るちょっと前ぐらいに久しぶりに子供たちといっしょに
建設中の家とお店の現場に行ってきました。

現場監督をする大工の町井さんとも少し会話をしたのですが
以前はテレビ東京のドリームハウスという建築企画番組にも大工として出演されていたり、
某有名ミュージシャンや某有名俳優の住宅やリフォームを何軒も施工していらっしゃるとのこと。
親子3人で大工業を営み、親父である棟梁の技術力を習得し、
現場でのまじめできめ細やかな作業を見ていて
「そりゃ難しい大工工事に指名されるわけだな。」と納得。
うちのは小さい家ですし、高級木材を使っているわけではないのですが
2階の木工事に規格外の部分が多く、難易度は割と高いと思うので
木工事の腕に長けた町井さんが指名されたというわけですね。
家づくり。やっぱり人の腕にかかっていることを改めて感じました。

さて、春と青は久しぶりに現場に来て何に関心があるかなー?と盗み見していたところ
やはり最初に1階から2階に上がる階段の踊り場から天窓を通じて空を見上げました。
階段の踊り場から天井に取り付けられた天窓までの高さが6m以上あるので
子供たちにとっては規格外のサイズ。思わず絶句していました。
きっとラブラドールのハナも私たちが1階のお店で仕事をしているとき、
この階段の踊り場でいつものように寝ているのではないかと思います。
f0068145_1862385.jpg

天気によって変化する空の色や時間によって変化する光。
春と青にはこの場所でそんな自然の美しさに日々気づいてほしいと思います。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-15 19:05 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< 続 34万頭の悲鳴 (yout... 子供の手 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31