dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

益子の夜空 
練馬の大泉から外環状に乗り、
東北自動車道を抜ける道のりで栃木県の益子に行ってきました。
家族揃って約3時間のドライブ。
益子には2回目の訪問になります。

仕事8割、遊び2割という子供にとっては退屈なスケジュールですが
仕事の先々でも皆さんに心遣いをいただき、
普段では経験できない貴重な出会いに子供たちも大変楽しむことができたようです。

昨夜、夕食後に長女の春と二人で散歩に出かけました。
宿泊先を出て、真っ暗な下りの道を歩き始めると自然に夜空を見上げていました。
春も同じように夜空を見上げていました。
「春。東京では何でこんな風にたくさんの星が見えへんのやろうなぁ?」って聞くと
「周りが電気で明るいから見えないんだよね。それと空気が汚いからかも。」

そのごく当たり前な大人のような答えに 「成長したなぁ。」 と思いながらもふと気付き、考えました。
星や月、太陽や雲。
そんなごく当たり前の美しい自然の情景を見ることすらできない東京での暮らし。
合理的な暮らしの代償はとても大きく、
自然を体験の中から教えてあげることが難しい東京という地で
心の豊かさをどうやって育むべきなのかと・・・

無数の星が輝く益子の夜。
娘から大切な何かを教わったような気がしました。
そして私は春に感謝の気持ちをこめ、大きな夜空という教科書を使ってオリオン座を教えました。
f0068145_749362.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-30 20:07 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< wakaさんの工房を訪ねて 春、行かないで! >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30