dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

2011年 11月 25日 ( 2 )
光の宴。
先程まで小金井公園内、江戸東京たてもの園で開催されている
紅葉とたてもののライトアップ、光の宴に行ってきました。

武蔵野美術大学の教授でもある照明デザイナーの面出薫さんのプロデュースで
園内が美しくライトアップされていました。
今年は特に影絵などの演出もあり、思わず家族で記念撮影。
子供たちもとっても楽しんでいました。

今日は平日ということもあり、来園者もまばらで、
私は一人、大好きな前川國男邸に入ってソファに座り、「ええなぁ、この家。」とゆっくり楽しみました。

ジャパニーズモダンな建物好きにはたまらない江戸東京たてもの園。
夜に入れるのは1年の中でも数日だけですので
小金井の方はもちろん、遠方の方も、ぜひこの機会に。

ちなみに、私たちのお店にも週1回出店している珈琲屋台の出茶屋さんも園内に出店していますよー。
f0068145_2121674.jpg

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2011-11-25 21:09 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
彦太郎糯、入荷しました。
全国の優れた生産者や農産物を生かして、
毎日の食卓で食べたい食品づくりを行う800 for eatsさんのプロジェクト。

今年は震災の影響でどうなるかと心配していましたが
例年通り、彦太郎糯が数量限定で入荷してまいりました。
明日より、出荷が可能です。

彦太郎糯は山形県飽海郡遊佐町の湧水によって育まれた
希少な彦太郎糯米によって作られています。
この糯米は一時、近代農業の影となり、姿をなくしましたが
遊佐町の若き農夫たちが、この名品を今に伝えようと
田土を鍛える昔ながらの農業とともに丹誠をこめて復活させました。
f0068145_1721182.jpg
800 for eats 彦太郎糯 2,200円(税込)
内容量:430g(10個入り)
原材料:もち米(山形県遊佐町産 彦太郎糯/朝紫)

◎彦太郎糯のおいしい食べ方
煮くずれしにくく、煮ても焼いてもお楽しみいただけます。
焼きたてを割って、香りと伸びを確認したら、一口目は何もつけずにお楽しみください。
その後は通常のお餅と同じようにきな粉をまぶしたり、お醤油をつけたり、
お雑煮に入れて、サイコロ状に切って揚げた餅を、うどんや蕎麦に入れても美味です。


dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2011-11-25 17:06 | 作品と商品のご紹介 | Comments(0)