dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

カテゴリ:犬と暮らす家の日記( 2231 )
ハッカ
次女の青。
子供のくせに
やたらとスーっとするハッカの味が大好き。

歯磨きすることが好きではなく
歯磨き粉が好きなので
「いつまで歯磨きしてんの?」と言わなければ
テレビでも見ながら永遠に歯磨きをしています。

食べ物では
のど飴大好き。
ガム大好き。

昨日の夜はお風呂に入りながらもずっとガムを噛んでいたのですが
その後もテレビを見ながらずっと噛んでいました。

味の無くなったガムに愛想がつきたところで、
長い長い歯磨きタイムの始まりです・・・
f0068145_21171458.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-17 07:11 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
空が見える場所
夕方から雨が降り始めました。
雨が降るちょっと前ぐらいに久しぶりに子供たちといっしょに
建設中の家とお店の現場に行ってきました。

現場監督をする大工の町井さんとも少し会話をしたのですが
以前はテレビ東京のドリームハウスという建築企画番組にも大工として出演されていたり、
某有名ミュージシャンや某有名俳優の住宅やリフォームを何軒も施工していらっしゃるとのこと。
親子3人で大工業を営み、親父である棟梁の技術力を習得し、
現場でのまじめできめ細やかな作業を見ていて
「そりゃ難しい大工工事に指名されるわけだな。」と納得。
うちのは小さい家ですし、高級木材を使っているわけではないのですが
2階の木工事に規格外の部分が多く、難易度は割と高いと思うので
木工事の腕に長けた町井さんが指名されたというわけですね。
家づくり。やっぱり人の腕にかかっていることを改めて感じました。

さて、春と青は久しぶりに現場に来て何に関心があるかなー?と盗み見していたところ
やはり最初に1階から2階に上がる階段の踊り場から天窓を通じて空を見上げました。
階段の踊り場から天井に取り付けられた天窓までの高さが6m以上あるので
子供たちにとっては規格外のサイズ。思わず絶句していました。
きっとラブラドールのハナも私たちが1階のお店で仕事をしているとき、
この階段の踊り場でいつものように寝ているのではないかと思います。
f0068145_1862385.jpg

天気によって変化する空の色や時間によって変化する光。
春と青にはこの場所でそんな自然の美しさに日々気づいてほしいと思います。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-15 19:05 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
子供の手
子供の手は

じゃんけんをしたり、

あやとりをしたり、

指ずもうをしたり、

時には望遠鏡になったりもする。

子供にとって自分の手はひとつの遊び道具・・・・

今日、青の手はカメラになりました。
f0068145_818415.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-15 08:18 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(2)
ハナの鼻
ラブラドールの色。

イエローのコは爪や肉球や鼻も毛色にあった色になっていますが
黒ラブはどこもかしこも真っ黒です。

肉球も黒、爪も黒。
もちろん鼻も真っ黒です。
まるで誰かがデザインしているようです。
本当に不思議です。
f0068145_1432342.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-14 14:22 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
はせがわくん きらいや
結局は親の怠慢なのですが、
子供に絵本を読むという行為が苦手で買い与えることを極力控えていました。

ある時、突然嫁が関西弁の絵本があり、その本を子供たちに読み聞かせをしたいと言います。
なぜ今さら、そんなことを言うのかと不思議に思ったのですが子供に絵本を読んであげることはすごくいいことだと思い、
吉祥寺にある 「おばあちゃんの玉手箱」 という絵本や木のおもちゃを扱うお店に手を引っ張られるうようについて行った。

嫁が店員さんに 「関西弁の絵本ってありますか?」 と尋ねると
店員さんが 「はい。落語家の桂三枝さんの絵本は私自身も大好きでよく読んでいますが大人が読んで面白い絵本ですね。
もう少し小さいお子様なら長谷川集平さんなんていかがでしょうか?」と言い、
この何千冊もあろうかという絵本の中からおすすめの絵本をすぐに出せる店員さんのすばらしい対応に感心したのですが
嫁は「これが探してたやつ。」と言って長谷川集平さんの 「はせがわくんきらいや」 を手にとってレジに向かった。
さっそく嫁は家に帰って子供たちに 「はせがわくんきらいや」 を読んで聞かせていた。
とくに次女の青は関西弁が面白かったらしく 「もう1回読んでっ!」とせがみ、
長女の春は途中で登場する友人の日記のセリフを覚え、面白おかしく変な関西弁をしゃべっている。

そして私が「そんなに面白い絵本なんかぁ?」と子供たちに尋ねると、「パパも読んでーっ!」とせがまれた。
「関西弁の絵本やろっ!そんなん簡単やー、読んだるでー!」 と子供の挑発に乗ってしまった。

私はどんな内容の絵本かも全く知らずに読み始めましたが
終盤、不覚にも思わず涙がこみ上げ、読めなくなってしまいました。

内容は昭和30年に問題となったヒ素入り粉ミルクを飲んでいた長谷川さん自らの体験談で、
そのミルクの影響で軟弱な体質になった 「はせがわくん」 を
クラスの友人たちがどのように感じ、どのように接し、どう向き合っていたか?
その時の大人の対応、子供の純粋な気持ち。
「きらいや」という言葉に込められた奥深い意味。
思わず私は嫁に 「この絵本すごいなぁ。」 と絶賛した。

長谷川さんの作品はもちろん、絵本のすばらしさに気付いた38歳の秋でした。
f0068145_15112680.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-14 07:25 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
獲物を捕らえた瞬間
昨日の夜、仕事の関係で次女の青は延長保育をお願いし、いつもより長い時間、幼稚園で過ごした。
普段は14時にお家に帰って遊んでいる青もこの日ばかりはお友達とたくさん遊び
興奮冷めやらぬままの状態。
とても楽しかったようですが遊び過ぎて疲れたみたいです。

めずらしく夕食の少し前に遅いお昼寝が始まり、
「起こすとかわいそうだから寝かせてやるか・・・」ということになった。
そのまま朝まで寝るかなと思いましたが
21時頃、「お腹すいた―!!」と起きだし、
「おにぎりを自分で作りたい!」と言い出した。

お茶碗にごはんを入れると
青はコップに入っている水で手を湿らし、小さな丸いおにぎりを作り始めました。
しかし、見てください。このごはん粒の散らばり様を・・・
もちろんそんな大チャンスをうちのハナが見逃すわけはありません。
f0068145_8172387.jpg

f0068145_1024927.jpgf0068145_10244247.jpg














獲物を狙うチーターのようにスーっと近寄ってきて・・・               一気に獲物を捕らえました!!

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-13 08:37 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
猫舌
今日の東京は朝から曇り空で
ぽつりぽつりと雨が落ちる。

私たちが現在住んでいるマンションは
思いっきりの北向きでコンクリート打ちっぱなし。
しかも北側はほぼガラスサッシになっている。
それだけで十分にこの空間が寒い要素は成立していますが
想像以上の寒さで暖房器具無しでは下手したら外よりも寒いのです。
その分、夏は涼しいのですが・・・

そしてそんな寒い我が家の朝は決して布団から離れたくない。
寝坊で有名な長女の春は、もちろん今日もダラダラと布団でまどろみ、
遅刻気味に起きては眠い目をこすって朝食のテーブルへ。

まぶしい光が入らない朝。
春の目がちゃんと開くのは朝食の熱いスープを飲み、
特別に感度の高い猫舌が悲鳴を上げる瞬間かもしれない。
f0068145_17401757.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-12 17:42 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
お誕生日
11月10日はハナの誕生日。
今年で11歳になった。

昔は元気が有り余り、延々と無邪気に走る姿に呆れることもありました。

だけど今は少し走ればよくて、
座るときも昔みたいに素早く座れなくて、
自慢の黒い艶のある被毛にも白髪が混じって、
幼犬のように寝ているる時間がとても長くなって、
ただ食べることは今まで以上に大好きで・・・

そんなハナといつも一緒に時間を過ごし、私たち家族は本当にありがとうと言う気持ちでいっぱいです。
あなたはいつも家族のケンカやもめ事をうまく仲直りさせてくれますね。
家族に笑顔を与えてくれる大切な存在です。

今日はそんないつものありがとうの気持ちをこめて
春と青がハナのために大好きな缶詰とオーガニクスで素敵なドッグフードケーキを作りました。
いつもと違う演出にハナもとても気に入ったようですね。
ハナ。11歳のお誕生日おめでとう!!
f0068145_20521191.jpg

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-11 13:14 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(2)
グラサン
私の眼鏡に異常に反応する次女の青。
どこかに置いておくと必ず
「パパ!眼鏡置きっぱなしになってるよ!」と注意しながら
眼鏡を安全な別の場所に移動させてくれる。
眼鏡のフォルムに隠された何かが
青にはきっと感じるものがあって触りたがるのである。
要するに眼鏡フェチだ。

以前、立川の伊勢丹の子供用品売り場にある駄菓子屋さんに行った時、
青はお菓子やおもちゃではなく100円のグラサンを買ってくれと熱望した。
変なものを欲しがるものだと思い失笑しましたが
買った直後にさっそくこのグラサンをかけたいとねだり、相当気に入った様子。
そのまま立川の街を手をつないで歩かされた。私は少し恥ずかしかったのですが青は堂々としたものでした。

それからは大切に自分のおもちゃ箱にしまってある。
久しぶりに青は何を思い出したのか
ハワイのお土産ムームーを着ながら、おもちゃ箱からグラサンを取り出し着用した。
我が子ながらその仕草はあまりにもアンニュイでセクシーなのでした・・・
f0068145_12345332.jpg

ちなみに写真のとおり、100円のグラサンは微妙にズレる感じがまた特別カッコいいのだ。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-09 12:38 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
小金井 11万人のキャンドルナイト
昨日の夜、小金井市で開催された 「黄金井 11万人のキャンドルナイト」に参加しました。
メイン会場となる武蔵野公園はお店をオープンする場所からも歩いて10分程度のところで
自然のままの姿が残る野川沿いに隣接する。

初めての参加でしたがこんなにもたくさんの人が参加しているのかと思うと同時に
みんながエコロジーに関する意識は高いのに
参加しながら啓蒙していく土台がないのだなと改めて思いました。

大好きな公園でキャンドルの美しい炎を見ながら
これから成長する子供たちのために少しでも何か地球に恩返しできることを考えなければと思いました。
f0068145_22403384.jpg

f0068145_22431317.jpgf0068145_22432822.jpg














約2kmのキャンドルストリートを歩くのに長蛇の列。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-11-09 08:07 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28