dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ブログの更新にあたり・・・
ブログの更新にあたり
改めてハナのご紹介をさせていただきます。
1997年11月10日生まれ。10歳のラブラドール♀です。
f0068145_16314141.jpg

滋賀県のブリーダー宅で生まれたハナは広大な敷地の中で自由奔放な暮らしを楽しんでいましたが突如、私の六畳一間の窮屈な部屋で暮らすことになりました。
当時サラリーマンをしていた私は帰宅が遅く、仕事での疲労感に満ちあふれながらも帰宅するとすぐに自分の部屋を恐る恐る覗きます。
そこにはトイレシーツをビリビリに破り、糞尿にまみれたハナの姿がありました。
そしてハナは私を見つけるや否や散歩に連れて行け!としっぽを振りながらスーツ姿の私に飛びつこうと目の色を変えてジャンプを繰り返します。
私は素早く着替え、散歩に行き、戻ってすぐに大掃除の毎日。
しかも翌朝4時には鼻を鳴らし散歩に連れて行け!と始動し始めるのです。

犬を全く飼ったことがなかった私はラブラドールは盲導犬になる賢い犬という先入観をもっていましたが
わずか3日ほどで賢さには個体差があることを知り、犬を飼うこととはこんなにもつらいものなのかという気持ちを持ちました。

ハナのあまりにも自由奔放で強情な姿を見て、よく周りのお散歩仲間からは「犬がおとなしくなるのには3年かかるのよ!」という激励の言葉をいただき、
その言葉に励まされ薄暗い朝4時に毎朝散歩に行っていたことを思い出します。
ハナがひとりで留守番している時、ゲージによじ登り、下りるのが怖くなって無性に遠吠えしてたこと・・・
犬が怖くてしかたない私の母親。しかしハナはフードを与えてくれる母親が大好きで母親を見てはジャンプして最大級の感謝の気持ちを表すのですが、
そのハナのしぐさでますます怖くなる私の母親・・・
そんなつらくて楽しくて面白いことがたくさん記憶の中に残っています。
今となってはハナのおかげでたくさんの出会いがあったことに感謝。

最近はいつも昼寝ばかりしているハナですが朝の散歩は年齢に関係なく待ちきれないようです。
きっと明日も目覚まし時計の音とともにスクっと起き上がり私の頬をペロッと舐めにくるのです。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-09-30 17:00 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
どこでもハウス
私が新しく自分の家を考えるにあたり気づいたことがあります。
我が家の家族であるラブラドールのハナの存在。
家族の中心に位置するハナとの関係をどのようにして設計に落とし込むのかということで
そのことを考えれば考えるほどハナという存在の大きさが私たち家族にとって
いかに心の支えになっているかということに改めて気づきました。

私と建築家である黒崎さんと悩みに悩み、犬と暮らす家について議論を重ねた結果、
導き出したアイデアは犬だけが孤立する特別な空間を施すのではなく
家族がつながるもっと大きなものを考え、そのなかに常にハナが存在する。
そんな空間づくりを目指そうじゃないかと・・・

その考えに至った背景には今の暮らしがあります。
現在のマンションの狭いリビングルームでの出来事。
この空間には狭いがゆえに家族のフィット感があり、会話が生まれます。
子どもたちは小学校や幼稚園で経験した1日を一生懸命に話し、
時にはお絵かきをしたり、歌を歌ったり・・・
そしてハナはいつもの特等席であるソファを占領し、家族を少し俯瞰から眺めています。
家族がゆっくりと話しながら、または笑いながら楽しく時間を過ごすとき、
ハナは安心し、ぐっすりと眠るのです。

dogdeco HOMEが考える一つの暮らし方提案はそんな風に
家族がいっしょに家にいながらもどこかにみんなの気配を感じ、
そして家族が時間を共有することの楽しさをお伝えできればと思っています。

このような考えからプロダクトを開発したのがどこでもハウスです。
f0068145_921291.jpg

どこでもハウスは女性でも簡単に動かせ、
リビングルームや寝室など愛犬といつも一緒にいることができる移動式の犬小屋です。
小型犬から中型犬用の2種類のサイズ展開で作成しておりますが
サイズにつきましては別注にて承ります。
ご興味がございましたらOZONEでの建築展「犬と暮らす家。」にて
展示しておりますのでご覧ください。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-09-30 09:24 | Comments(0)
dogdeco HOME 犬と暮らす家
1999年5月、大阪府豊中市の服部緑地公園に程近い場所に
5坪の小さな店、dogdecoは誕生しました。

思えばこの9年間、伊勢丹新宿店に出店したり、
個人的には子供が二人生まれ、
まさに激動の9年間を過ごしました。

お店を始めた当初は私たちがまさか東京に定住するなど
思ってもみなかったことですが7年間暮らした東京都小金井市に根をおろし、
私たちが経験したこと、考えることをゆっくりと提案できる場所として
新たなお店をつくることになりました。

このお店では家をひとつの象徴として
私たちが暮らす中で生まれる発想を形にしたり、提案したりしながら
各分野の専門家を招き、楽しんでいただける内容を考えています。
時には、犬のことについて。
時には、子供のことや食事について。
時には、器や暮らしに関する専門家を招いて。
f0068145_119676.jpg

dogdeco HOME 犬と暮らす家 東京都小金井市にオープン予定。

お店のの情報は随時、ホームページにて公開いたします。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

isao ikeda

by dogdeco | 2008-09-29 11:18 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30