dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

大切な人

若かりし頃、大切な人に会うときは着ていく服を迷った。
社会人として大人っぽさを見せつけるため、自慢のポールスミスのスーツで出かけてみたり、
時にはカジュアルだと意気込み、セレクトショップの小洒落た服を選んでみたりもした。

若かりし頃、中身も何にもないのに着飾って
自分という個性を誇張しようとしていたことを恥ずかしく思う。
大切な人はそれなりであれば、服なんてどうでも良かったって言うに決まっているから・・・

今では、その大切な人の前では服のことはあんまり考えない。
今日もいつものジーンズに7分袖のTシャツ。
明日もきっといつものジーンズに洗いざらしのシャツ。
それでもたまには外食するときぐらい無理なく自然な感じで小奇麗にしてみようかな、なんて思う。
あんたが好きなnaruseさんの服に合わせて。

あんたがとても欲しがっている丸襟のジャケットブラウスは
感謝の気持ちをこめて今度の結婚記念日の朝、
クローゼットの中にさりげなく入れておこうと思っている・・・


嫁はnaruseさんの服の大ファンで、丸襟のジャケットブラウスを狙っているのは事実ですが、それ以外の物語はフィクションです。

f0068145_182934.jpg

























naruse 丸襟ジャケットブラウス 22,050円(税込)


嫁がブログを読んでる途中、
「あんた気持ち悪いこと書かんときぃやぁ。でもほんまに買ってくれんの?」

「何を勘違いしてんねん。文章ちゅうのは最後の1行を読んで終わりや。最後にフィクションって書いてあるやろ!
でも買ってあげたいぐらい丸襟ジャケットブラウスは女性らしい可愛い服やなぁ。買ってあげたいとは思うんやけどなぁ。
こんな文章とか作り話、naruseさんに失礼かなぁ。」

「naruseさんにも失礼やし、私にも失礼や!」

dogdeco HOME 犬と暮らす家   my home , my buddy , my life & lifework   i.i.

by dogdeco | 2009-09-03 18:38 | 作品と商品のご紹介 | Comments(0)
<< はけのおいしい朝市 空白の時間 >>