dogdeco HOME 犬と暮らす家の日記

ORGANIX Tiny Feasts。
CASTOR & POLLUX社から“ちいさなごちそう”を意味するTiny Feastsが新登場!
Tiny Feastsは愛犬のためのシチューで、使われている食材の95%以上は
アメリカ農務省が認可したオーガニックな食材。

缶詰のようなパテ状ではなく、食材の食感や風味を残した煮込み料理のような感じで
愛犬たちもきっと大喜びするシチューです。味は4種類。
Tiny Feasts グレインフリー チキン&ポテト シチュー
Tiny Feasts グレインフリー ターキー&ポテト シチュー
Tiny Feasts チキン&キノア&キャロット シチュー
Tiny Feasts ターキー&キノア&キャロット シチュー
f0068145_1383679.jpg

総合栄養食なのでそのまま愛犬に与えてもらったり、
例えばこんな風にドライフードに混ぜて与えてもらったり・・・
f0068145_13122498.jpg
f0068145_13123671.jpg

缶詰との違いはこんな感じです。左がTiny Feasts。右が缶詰。
水分が多く、風味が強いのでその分、愛犬たちも大喜びです!
f0068145_13133411.jpg

私たちが毎日食べいる畜産物も、ホルモン剤や成長促進剤・抗生物質を使われて育てられ、
流通しているもの。体のちいさな愛犬たちは同じようなものを毎日食べます。
よくない物質が蓄積されていく量もスピードも私たちより速いことでしょう。

安心安全でおいしい。
とても大切なことですね。

最後にオーガニックのお話を。
アメリカではオーガニック認定を取得するうえで第3者機関の認証が行われています。
オーガニックとは資源の循環を育み、生態系のバランスを整え、
生物多様性を保護することが可能な文化や生物や機械を使用して行う農法を取り入れたもので、
合成肥料や下水汚泥、放射線照射、遺伝子操作は使用してはなりません。
また、アメリカ農務省USDAオーガニックと認定されるためにはとても厳しい基準があります。

農作物では栽培する土地で収穫前3年以上禁止物質を使用しない。とか、
害虫・雑草・疫病管理には主に物理的・機械的・生物学的な防除方法を用いる。
遺伝子操作や電離放射・下水汚泥は禁止する。など。

畜産物では食肉用の動物は3世代前からオーガニックな管理のもとで育てられなければならず、
飼料は100%オーガニックの農作物でなければならない。
ビタミンやミネラルなどの栄養補助製品を与えても良い。
オーガニック家畜にはいかなる理由であっても、ホルモン剤や成長促進剤・抗生物質を
与えてはならない。など。

CASTOR & POLLUX ORGANIX Tiny Feasts。
すばらしい食材で、すばらしい製法。
愛犬たちがいっぱい食べて、いっぱい動いて、いつまでも元気なら
私たちもうれしいです。


dogdecoのfacebookページ www.facebook.com/dogdecoHOME
■dogdecoのホームページ www.dogdeco.co.jp
■dogdecoのオンラインショップ www.dogdeco.jp

dogdeco HOME 犬と暮らす家 isao ikeda
by dogdeco | 2018-06-26 13:28 | 犬と暮らす家の日記 | Comments(0)
<< dogdeco×TEMBEAキ... 【暮らしのSTORE展】 RU... >>